過去の月例研究会

2016年度  2015年度  2014年度  2013年度  2012年度   2011年度   2010年度   
2009年度  2008年度  2007年度  2006年度  2005年度   2004年度   2003年度   
2002年度  2001年度  2000年度  1999年度  1998年度   1997年度

2016年度月例研究会

〇4月16日(土)
 原剛氏(軍事史学会顧問・元防研戦史部主任研究官):戦史研究を顧みて

〇5月21日(土)
 古結諒子氏(日本学術振興会特別研究員):日清戦争に関する研究史の整理と展望
 鈴木悠氏(ロンドンスクールオブエコノミクス:LSE:国際関係史博士課程):日清戦争とイギリス 1887ー94(仮)

〇12月3日(土)
 ティネッロ・マルコ氏(法政大学HIF奨励研究員・法政大学沖縄文化研究所国内研究員):日本・英国・米国・仏国の外交文書から見る1872年の琉球併合
 トーマス・バレット氏(東京大学大学院博士後期課程):曾紀沢の外交におけるイギリスの関与:イリ条約とトンキン問題をめぐる交渉を事例として

〇1月28日(土)
 譚 謎氏(九州大学大学院地球社会統合科学府):戦時期満州でのエスペラント語普及運動ー活動の実態及び運動の挫折をめぐってー
 吉 辰氏(中国華東師範大学思勉人文高等研究院(博士後期課程)):中国の日清戦争史研究現状

〇2月18日(土)
 賀 申杰氏(東京大学人文社会系研究科日本史学博士課程):日露戦前期における民間企業の艦艇輸出活動
 島田大輔氏(早稲田大学招聘研究員):抗戦期中国における日本専門記者の対日認識―陳博生(中央通訊社日本特派員・総編輯)の軌跡―

〇3月11日(土)
 張邐氏(早稲田大学社会科学研究科博士課程):1923年「二十一ヵ条要求」の撤廃をめぐる日中交渉について(仮)
 曾寶滿氏(東京大学大学院人文社会系博士課程):大正期陸軍軍人の歴史観- 陸軍幼年学校と陸軍士官学校の歴史教科書からみる-

2015年度月例研究会

○4月18日(土)
 野村乙二朗氏(石原莞爾研究者):私の研究活動の軌跡‐石原莞爾研究を中心にして‐
○5月16日(土)
 長谷川怜氏(東京都公文書館・学習院大学):満洲経営論の萌芽ー日露戦争期を中心に
 白田拓郎氏(東洋大学文学部非常勤講師): 「満洲」日本人社会における米穀消費:満鉄消費組合を中心に
○7月18日(土)
 飯森明子氏(常磐大学国際学部・非常勤講師)
 :戦前茨城県央地域の私立女子中等教育と地域社会 ― 水戸常磐女学校・常磐高等女学校関係資料から ―
 崔誠姫氏(一橋大学大学院社会学研究科特別研究員)
 :第二次朝鮮教育令施行期(1922年~1938年)における女子高等普通学校卒業生の進路選択について
○ 10月24日(土)
 佐々木雄一氏(東京大学大学院):日露戦争と領域拡大の力学
 バールイシェフ・エドワルド氏(筑波大学図書館情報メディア系助教)
 :第一次世界大戦と日本外交 ― 「日露接近」の舞台裏
○ 12月12日(土)
 藤原敬士氏(東京大学学術研究員)
 :広州貿易制度の形成過程にみる清朝政府と商人の関係性について―1750年代の事例からー
 吉塚康一氏(早稲田大学大学院):高木陸郎と中日実業
○ 1月30日(土)
 王萌氏(中国武漢大学講師/東京大学外国人研究員)
 :最近十年間の中国大陸における日中戦争史研究―学術誌『歴史研究』、『近代史研究』、『抗日戦争研究』からみる
〇2月13日(土)
 馬場宏恵氏(法政大学大学院・東京都公文書館):児玉神社 ― 杉山茂丸邸内神社からの変遷 ―
 川島 真氏(東京大学大学院教授)/松金公正(宇都宮大学教授):日清戦争研究の現在 ―シンポジウムに向けて―
〇3月12日(土)
 藤田賀久氏(多摩大学グローバルスタディーズ学部・非常勤講師)
 :同仁会と対華文化事業 ― 1931年の中国大洪水への対策を中心に ―
 長谷川 怜氏(東京都公文書館・学習院大学):満洲経営をいかに宣伝するか ― 満蒙資源館の設置と満蒙学術調査団 ―
 渡邊桂子氏(早稲田大学博士後期課程):日清戦争における「従軍者」の処遇

2014年度月例研究会

〇4月19日(土)
 藤田賀久氏((財)日本総合研究所 理事長室付研究員/ 多摩大学非常勤講師)
  :1920年代の中国ナショナリズムと向き合う日本と米国 ― 文化事業の視点から ―
 堀内暢行氏(国士舘大学法学部比較法制研究所特別研究員)
  :満洲事変下における国際交流 ― IPR、第四回会議を中心に ―
〇5月17日 (土)
 石田徹氏(島根県立大学総合政策学部講師):『近代移行期の日朝関係』について
 原田環氏(県立広島大学名誉教授):朝鮮の開国と対外政策
〇7月12日 (土)
 井口和起氏(東アジア近代史学会会長・京都府立総合資料館顧問):東アジア近現代史の可能性
〇10月25日 (土)
 和田春樹氏(東京大学名誉教授、『岩波講座東アジア近現代通史』編集委員)
  :『岩波講座 東アジア近現代史通史』を刊行して ― 刊行意図及び成果と課題について
〇12月13日 (土)
 佐々木揚氏(佐賀大学名誉教授)/青山治世氏(亜細亜大学専任講師)/望月直人氏(京都大学人文科学研究所研究員)
  :「冊封体制」論と「朝貢システム」論
○1月24日(土)
 鈴木隆春氏(独立行政法人国立公文書館・調査員):海軍の歴史編纂と『西南征討志』
○ 2月14日(土)
 趙国氏(早稲田大学大学院文学研究科・博士後期課程)
  :明治10年~20年代における清国人の内地旅行問題と日清条約改正交渉
 岡崎滋樹(立命館大学大学院経済学研究科博士課程)
  :牛から馬へ:植民地台湾の農業旧慣改革-台湾馬政計画(1936年―1945年)を中心に‐
○3月28日(土)
 刁(ディアオ)成林氏(立命館大学経済学研究科博士後期課程)
  :1930年代前半における中国農村経済復興の構想‐上海土布運動と念二運動を中心として‐

   

2013年度月例研究会

 ○4月20日第141回月例研究会
  今井貞夫氏(人間・栗林忠道と今井武夫を顕彰する会 副会長):今井武夫史料整理の現状と課題 新たな父 今井武夫イメージ(仮)
 ○5月18日第142回月例研究会
  辻大和氏(学習院大学東洋文化研究所 助教):『李朝実録』普及版の出版経緯について
 ○7月20日第143回月例研究会
  大澤 篤氏(千葉経済大学非常勤講師) :両大戦間期沖縄の農家経済と砂糖需給
  小濱 武氏(東京大学大学院農学生命科学研究科 博士課程):米国統治下沖縄の農家経済と米穀需給 ― 琉球政府米穀買上政策に着目して
 ○10月12日第144回月例研究会
  長谷川貴志氏(駒澤大学大学院 博士課程):戦後日中関係における第四次民間貿易協定の再考
  川島真氏(東京大学 准教授)・許珩 氏(東京大学大学院)<連合報告>:日華断交 ― 実務関係継続と経済関係
 ○12月14日第145回月例研究会
  望月直人氏(千里金蘭大学・非常勤講師):誤訳・偽使から「属国の喪失」言説へ ― 東部アジア国際秩序の変容
  木村幹氏(神戸大学):現代史としての歴史認識問題:どう考えてどう分析するか
 ○1月25日第146回月例研究会
  李仁哲氏(筑波大学大学院人文社会科学研究科国際日本研究専攻・後期博士課程):日華基本条約改訂決定に関する一考察 ○2月15日第147回月例研究会
  麻田雅文氏(東北大学 東北アジア研究センター教育研究支援者):ソ連側から見た奉ソ紛争、1929年―ソ連邦初の対外戦争―
  楊海程(麗澤大学大学院博士後期課程):第1次世界大戦期における中国の帝制運動と日中政治外交
 〇3月22日第148回月例研究会
  塚本英樹氏(法政大学大学院人文科学研究科):第一次世界大戦末期における日本の対中国政策―借款供与問題を中心に―

2012年度月例研究会

 ○3月16日第140回月例研究会
  橋上武史氏(中央大学大学院修士課程):天津租界封鎖事件をめぐる日本の対英交渉
  吉岡誠也氏(中央大学大学院博士課程):開港場長崎の警備体制について
 ○2月23日第139回月例研究会
  鈴木祥氏(中央大学大学院博士課程):幕末期の商人領事問題
  宋安寧氏(神戸大学大学院博士課程):戦前日本小学校女教員の「支那満鮮視察旅行」
 ○12月15日第138回月例研究会
  上地聡子氏(早稲田大学国際教養学部助手):移動する「同胞」、連絡する同胞 ― 太平洋戦争終結直後の沖縄人コミュニティ間にみる人・モノ・情報の移動 ―
  金鉉洙(武蔵野大学非常勤講師):日韓会談反対運動と在日朝鮮人社会(仮)
 ○10月13日(土)第137回月例研究会
    塚本英樹氏(法政大学院):対中国借款問題について(仮)
    藤田賀久氏(多摩大非常勤講師):近代日本の対中文化外交 ― 創出と構想過程を中心に
 ○7月14日(土)第136回月例研究会
    野田仁氏(早稲田大学イスラーム地域研究機構): 19世紀後半の新疆における露清間国境について
 ○5月19日(土)第135回月例研究会
    小池康仁氏(法政大学沖縄文化研究所国内研究員): 境界線の変動と私貿易による共同体の連携―与那国島・口永良部島(1949‐51年)を事例として―
    西村一之(日本女子大学人間社会学部講師): 台湾東部漁民の漁撈と移動-東シナ海魚場利用の経験と実践(仮)
   ○4月28日第134回月例研究会
      金容範氏(神奈川大学工学研究科客員研究員):近代韓国の住宅改良運動について

2011年度月例研究会

 ○第133回 2012年3月17日
  白春岩氏(早稲田大学大学院博士課程):李鴻章の対日観―「日清修好条規」締結までの経緯を中心にして―
  大庭裕介(国士舘大学大学院博士課程):司法省と自由民権
 ○第132回 2012年2月18日
  麻田雅文(首都大学PD):日本と中東鉄道―「静かなる占領」の水面下で、1931年-1935年―
 ○第131回 2012年1月21日
  宮古文尋(上智大学博士課程):懋勤殿開設案・伊藤博文顧問招聘策と戊戌政変
 ○第130回 2011年12月10日
  吉村道男(元外務省外交史料館専門官):外交史料館で考えたこと
 ○第129回 2011年9月10日
  朴炳渉(竹島=独島問題研究ネット):竹島=独島漁業と領有権問題
  石川文洋(元朝日新聞カメラマン;一九六五年からホーチミン滞在):レンズを通してみたベトナム(戦争)46年
 ○第128回 2011年7月9日
  江永博(早稲田大学大学院):台湾総督府における伊能嘉矩
  友田錫(元産経新聞社サイゴン(旧南ベトナム)特派員):ファン・ヴァン・ドン首相の握手、シアヌーク殿下の叫び
 ○第127回 2011年5月14日
  金奈英(筑波大学院):台湾社会における「朝鮮人」の群像―1910年から1945年までを中心に―
  マーチン・グロスハイム(東京外国語大学アジアアフリカ研究所客員教授):ベトナム戦争下における北ベトナムの政治と文化
 ○第126回 2011年4月9日
  青山治世(学術振興会特別研究員):近代日中の「交錯」と「分岐」の軌跡―領事裁判権をめぐって―
  大橋久利(元毎日新聞サイゴン特派員):クメール・ルージュの今

2010年度月例研究会

 ○第125回  11年2月19日
  望月直人(京都大学文学研究科):清朝の「保護」-1880年前後におけるフランスの清越関係観の再検討-
 ○第124回  11年1月22日
  周俊宇(政治大学台湾史研究所修士・東京大学総合文化研究科研究生):国民党・共産党政権の清明節をめぐる政治
  蔡龍保(国立台北大学人文学院歴史学系):「技術立国」から「技術殖民」へ―日本統治時代初期工手学校卒業生の台湾における活動を例に(1895-1905)
 ○123回  10年12月4日
  蔡蕙光(東京大学人文社会系研究科博士課程):明治33年台湾総督府による東亜書院の設立
  金子敦郎(元共同通信サイゴン支局長・現カンボジア教育支援基金会長):ベトナム戦争―ジャーナリストの墓場カンボジア戦線
 ○第122回  10年10月9日
  王鍵(中国社会科学院台湾史研究センター秘書長):近年の中国における台湾史研究
  中島宏(元共同通信社北京特派員):北京から見ていたベトナム戦争
 ○第121回  10年7月10日
  朴俊炯(早稲田大学大学院):日清戦争以後韓国における清国居留地と清国人との雑居問題
  佐々木坦(元共同通信社サイゴン支長):第3勢力は幻だったか?サイゴン陥落前後の政治的人間像
 ○第120回  10年5月15日
  島田大輔(早稲田大学大学院):第二次小村外相期の日土国交締結交渉と宇都宮太郎
  新井道彦(陸将、元西部方面総監):防衛駐在官の見たサイゴン陥落
 ○第119回  10年4月24日
  鈴木哲造(台湾師範大学大学院):医師の階層的社会構造と学歴主義―台湾総督府医院の医務職員人事を事例として―
  麻田政文(日本学術振興会特別研究員(PD)):ロシア側から見た伊藤博文暗殺

2009年度月例研究会

 ○第118回 10年3月13日
  井口和起(京都府立総合資料館館長):韓国併合と日本近代史研究
 ○第117回 10年2月27日
  新田龍希(東京大学大学院工学研究系研究科博士課程):日本統治初期台北の都市開発―土地収用政策を中心に―
 ○第116回 10年1月23日
  上野聖薫(愛知学院大学大学院研究員):1860年代初頭の中国における上海欽差大臣の改編論議
  楊子震(筑波大学大学院博士課程):国民政府の対日戦後処理構想―「蒋介石日記」を手がかりに
 ○第115回 09年12月12日
  新城道彦(九州大学韓国研究センター・非常勤講師):韓国併合による王公族の創設とその構成人員
  グレゴリー・クラーク(秋田国際教養大学副学長):ベトナム戦争をふり返る
 ○第114回 09年11月14日
  佐々木坦(元共同通信記者):サイゴン最後の「家族連れ西側記者」
 ○第113回 09年10月10日
  千葉正史(神奈川大学ほか非常勤講師):近代東アジア交通史から見た日本の鉄道国有化
  永井清陽(元読売新聞記者):シハヌークのベトナム戦争
 ○第112回 09年9月26日:大会シンポジウム
  高江洲昌哉(神奈川大学非常勤講師):東アジアの国際秩序と条約体制
  檜山幸夫(中京大学教授):歴史資料セッション
 ○第111回 09年7月11日
  何義麟(台北教育大学台湾文化研究所副教授):台湾における2・28研究の現状と課題
  平敷安常(元ABCサイゴン支局カメラマン):ベトナムの戦争報道Ⅱ
 ○第110回 09年6月30日
  平敷安常(元ABCサイゴン支局カメラマン):ベトナムの戦争報道Ⅰ
 ○第109回 09年5月9日
  永島広紀(佐賀大学):韓国併合に関する研究史整理とその課題
 ○第108回 09年4月11日
  渡邊昌敏(元東京銀行サイゴン支店勤務):銀行マンのみたベトナム戦争

2008年度月例研究会

 ○第107回 09年3月14日
  崔誠姫(一橋大学博士後期課程):第二次朝鮮教育令施行期における朝鮮の中等教育
  白佐立(東京大学博士後期課程):日本植民地土地における軍用地の成立―台湾を中心に
 ○第106回 09年2月14日
  塚越俊志(東海大学大学院博士課程):池田横浜鎖港使節団のアジア見聞―横浜からエジプトまで
  高野宏康(神奈川大学日本常民文化研究所特別研究員):戦間期の環日本海論―永井柳太郎と日本青年党の活動をめぐって
 ○第105回 09年1月10日:『日露戦争と東アジア世界』書評会
  原田敬一(佛教大学)
    稲葉千晴(名城大学)
 ○第104回 08年12月13日
  薄木秀夫(毎日新聞社編集員):和平演変とドイモイ政策
 ○第103回 08年11月8日
  金慶南(韓国・国家記録員/学習院大学外国人特別研究員):韓国の国家記録と民主化
  北畠霞(元毎日新聞社論説委員):アメリカから見たベトナム戦争
 ○第102回 08年10月11日
  櫻井良樹(麗澤大学教授):漢口駐屯の日本陸軍派遣隊と国際政治
  山本哲朗(在日カンボジア王国大使館特別補佐):大川塾生の戦争体験
 ○第101回 08年9月27日
  穴吹充(元東海学園大学人文学部教授):ベトナムと日本―サイゴン陥落のことなど
 ○第100回 08年7月5日
  鈴木楠緒子(山梨県立大学非常勤講師):朝鮮南延君陵墓盗掘事件(1868年)と「帝国創建期」の「ドイツ」司法当局の対応
 ○第99回 08年5月24日
  林理介(元大東文化大学国際関係学部教授):インドシナ戦争の「時代」
 ○第98回 08年4月26日
  渡邊幸治(日本国際交流センターシニアフェロー、国際文化フォーラム理事長):サイゴン陥落のあとさきと、その意味

2007年度月例研究会

   ○第97回 08年3月22日
  小笠原強(専修大学東アジア世界史研究センター助手):汪精衛政権と興亜院
  柳英武(筑波大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程):日韓併合と朝鮮半島の中国租界撤廃問題
 ○第96回 08年2月23日
  劉紅(上智大学大学院外国語学研究科博士後期課程)もう一つの講和思想ー日中戦争勃発前後における胡適の講和主張をめぐってー」
 ○第95回 08年1月12日
  鈴木仁麗(早稲田大学教育総合科学学術院助手):満州国における興安局の設置について
  森紀元(元NHKエンタープライズ放送事業局長):サイゴン陥落Ⅱ
  ○第94回 07年12月20日
  友田昌宏(中央大学大学院博士課程):宮島誠一郎の東アジア外交論
   寺島凱男(元毎日新聞社論説委員、神戸国際大学教授):パリ和平交渉
  ○第93回 07年11月10日
   森紀元(元NHKエンタープライズ放送事業局長):サイゴン陥落Ⅰ
  ○第92回 07年10月20日
   柳英武元(筑波大学大学院博士課程):日清戦争後の清の対朝鮮政策―「属国体制維持」と「条約」の相克―  
   金子熊夫(外務省参事官、現東海大学教授):ベトナム戦争―テト激戦からの生還
  ○第90回 07年5月19日
   中江要介(元中国大使):テト攻勢にみたベトナム戦争
  ○第89回 07年4月21日
   木村哲三郎(元アジア経済研究所サイゴン研究員・亜細亜大学教授):戦時下の南ベトナム経済-土地改革と被援助経済の構造

2006年度月例研究会

   ○第88回 07年3月24日
  李穂枝(東京大学大学院総合文化研究科博士課程):日清両国の対朝鮮政策―防穀賠償交渉過程(1893年)を中心に―
  横井香織(静岡市立大里中学校教諭):日本統治期の台湾におけるアジア調査
 ○第87回 07年2月17日
  藤枝賢治(駒沢大学大学院研究生):塘沽協定成立後における華北経済進出の模索―開?炭鉱争議と株譲受問題―
 ○第86回 07年1月13日
  小田親(元大南公司、日本工営ベトナム駐在員):終戦直後の日越関係と賠償交渉
 ○第85回 06年12月2日
  王屏(中国社会科学院日本研究所日本政治研究室副室長・研究員):近代日本のアジア主義
 ○第84回 06年11月11日
  野村乙二朗:東亜聯盟協会の改革
 ○第83回 06年10月7日
  小田親(ベトナム研究会会長):日本の対ベトナム賠償に関わって
 ○第82回 06年7月8日
  井川一久(元朝日新聞社サイゴン、ハノイ支局長):インドシナ現代秘話
 ○第81回 06年5月13日
   井川一久(元朝日新聞社サイゴン、ハノイ支局長):ベトナム独立戦争参加日本人 ― ベトナム戦争に直結した「日本人」の足跡 ―
  ○第80回 06年4月8日
   野口真広(早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程):1910年代の内地・朝鮮・台湾の統治方針について ― 大逆事件・寺内統監暗殺未遂事件・羅福星事件の分析を通じて
   堀内暢行(国士舘大学大学院博士課程):戦間期、太平洋問題調査会の実態 ― 1929 年太平洋会議(「京都会議」)を中心に

2005年度月例研究会

 ○第79回 06年3月4日
    後藤康行(専修大学大学院文学研究科博士後期課程):上海租界における日本映画の上映からみる中華電影の「映画工作」
 ○第78回 06年2月4日
  饗庭孝典(東アジア近代史学会副会長):私の中のベトナム戦争
 ○第77回 05年6月4日
  千葉功(昭和女子大学人間文化学部):日露戦争研究の現状―日露戦争研究会シンポジウムに参加して
 ○第76回 05年4月16日
  李貞植(常磐大学大学院博士後期課程):旧韓末における宣教政策と教会事情

2004年度月例研究会

   ○第75回 05年3月5日
  北野剛(國學院大學大学院博士後期課程):東亜勧業株式会社設立に関する一考察
  古瀬啓之(名古屋大学大学院博士後期課程):英国の東アジア政策(1925年-1929年)― オースティン・チェンバレンの東アジア政策を中心に
  李貞植(常磐大学大学院博士後期課程):韓国近代史におけるプロテスタントの役割
 ○第74回 05年2月10日
  鈴木哲造(中京大学大学院):台湾総督府の衛生政策と台湾行為
 ○第73回 05年1月22日
  岩尾光代(毎日新聞社):日露戦時下の新聞報道に見る日本社会  ― ジャーナリストの視点から ―
  櫻井良樹(麗澤大学外国語学部教授):清国駐屯軍と北清国際社会
 ○第72回 04年12月18日
  川島淳(駒沢大学大学院研究生):日露戦争とサハリン(樺太)の植民地化
 ○第71回 04年11月20日 
  王平(淑徳大学兼任講師):遠のくデモクラシーの足音:1911-1913 ― 第二革命と日英米 ―
  千葉功(昭和女子大学専任講師):帝国主義東北アジア海洋争覇 ― 日清・日露戦争を中心に ―
 ○第70回 04年9月25日
  大谷正(専修大学法学部教授)日露戦争で死んだロシア軍人の墓と記念碑 ― 日本・朝鮮・満州 ―
 ○第69回 04年4月3日
  帰泳濤(早稲田大学大学院博士後期過程):ライシャワーの日本近代化論と日米関係

2003年度月例研究会

 ○第68回 04年3月13日
  伊藤真実子(学習院大学大学院博士後期過程):第五回内国勧業博覧会と日露戦争
 ○第67回 04年1月17日
  安村仁志(中京大学法学部教授):日露戦役戦争下の宣教師ニコライ ― 『日記』からみる ―
 ○第66回 03年12月6日
  頴原善徳(日本学術振興会特別研究員):日露戦争と戦時国際法 ― 海戦法規を中心に ―
 ○第65回 03年10月18日
  千葉功(昭和女子大学専任講師):日露戦争と歴史認識
 ○第64回 03年9月29日 
  小林英夫(早稲田大学):汪兆銘研究をめぐって
  劉傑(早稲田大学):汪兆銘研究の成果と現状
  岸陽子(早稲田大学):日本占領下の華文女性月刊誌『女聲』をめぐって
 ○第63回 03年4月19日
  林素味(九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程):日本の台湾統治前期における貧民救助の特質 ― 貧民救済施設を中心に ―

2002年度月例研究会

 ○第62回 03年3月15日
  片山慶隆(一橋大学大学院法学研究科博士後期課程):日英同盟締結期から日露開戦までの日本外交と社会 ― 言論界の動向を中心として ―
  三澤真美恵(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程):30年代国民党の映画政策と「中電」の成立中華民国国民党党史館資料に沿って
 ○第61回 03年1月25日
  鹿島晶子(東京女子大学大学院卒):アジア歴史資料センターについての一考察 ― 外務省記録を中心として ―
 ○第60回 02年11月30日
  楊素霞(神戸大学大学院):日清戦争期における日本の台湾認識 ― 拓殖務省の設置・廃止を中心に
  谷ヶ城秀吉(専修大学大学院):植民地台湾と貿易政策 ― いわゆる「大正南進期」前を中心に ―
 ○第59回 02年10月5日
  菅野直樹(國學院大學大学院):大三輪長兵衛と日韓間非公式交渉ルート
 ○第58回 02年6月15日
  原田環(広島県立広島女子大学):第二次日韓協約について
 ○第57回 02年4月13日
  林詩庭(北海道大学大学院):近代日本の樺太観
  田中裕二(江戸東京博物館):上海牛疫とその取締過程

2001年度月例研究会

 ○第56回 02年3月16日 
  青山治世(愛知学院大学大学院):清朝政府による「南洋」調査団の派遣
  高文勝(名古屋大学大学院):北伐期における国民政府の対日政策
 ○第55回 02年01月26日
  小林和幸(駒澤大学):谷干城の非戦論
 ○第54回 01年12月1日
  李英美(法政大学研究員):梅謙次郎の韓国立法事業
 ○第53回 01年10月27日
  清水美樹(早稲田大学大学院):1930年代東北アジアの地域概念
 ○第52回 01年9月29日
  菅野直樹(國學院大學大学院):満州林業をめぐる諸問題
 ○第51回 01年6月2日
  千葉功(昭和女子大学):本多熊太郎『魂の外交』について
 ○第50回 01年4月14日
  櫻井良樹(麗澤大学):辛亥革命時における日本陸軍の出兵計画

2000年度月例研究会

 ○第49回 01年3月3日
    藤井賢二(兵庫教育大学大学院):日韓漁業問題とその歴史的背景
  李承機(東京大学大学院):植民地台湾におけるメディア用語の多重構造
 ○特 別 01年2月24日
  趙煥林(遼寧省档案館):遼寧省档案館の史料について
 ○第48回 01年1月13日
  多仁安代(杏林大学別科):日中戦争期の朝鮮・台湾における日本語教育
 ○第47回 00年12月16日
  熊沛(天津社会科学院):30年代の東アジア新秩序への模索
 ○第46回 00年11月18日
  小林英夫(早稲田大学):汪政権と日本占領下の中国
 ○第45回 00年9月30日
  斎藤聖二(茨城キリスト教大学):日清講和会議と直隷決戦 ― 日清戦争の終わらせ方 ―
 ○第44回 00年7月29日
  川島淳(駒沢大学大学院):日露戦後における関東州統治機構創設の経緯 ― 陸軍省軍務局の立案過程を中心として ―
 ○第43回 00年4月15日
  長見崇亮(早稲田大学大学院):満鉄の戦後と技術移転の問題

1999年度月例研究会

 ○第42回 00年3月11日
  鈴木楠緒子(名古屋大学大学院):オイレンブルク使節団の研究
 ○第41回 00年2月19日
  林泰弘(東京大学大学院):太平天国とナショナリズム
  小林玲子(一橋大学大学院):間島協約とその締結過程の再評価
 ○第40回 00年1月29日
  カミリ・クルマユフ(国士館大学訪問研究員・新彊大学歴史学部):シルクロードの要衝『新彊』の歴史と文化
 ○第39回 99年12月18日
  河かおる(学習院大学東洋文化研究所):植民地期朝鮮における戦時女性動員と「協力」 ― 雑誌『新女性』の分析を中心に ―
 ○第38回 99年11月20日
  黄紹恒(中華民国政治大学):台湾植民地初期の『利権回収』に関する研究
 ○第37回 99年10月16日 
  王鉄軍(中京大学大学院):1905年日清北京会議について
  鈴木智夫(愛知学院大学):義和団事件謝罪使醇親王載?の訪独
 ○第36回 99年7月17日
  斎藤聖二(茨城キリスト教大学):日清開戦時の運輸と通信
 ○第35回 99年5月29日
  櫻井良樹(麗澤大学):「加藤外交」再考:1909-1924
 ○第34回 99年4月10日
  高江須昌哉(早稲田大学大学院):日本における国民国家編成と島嶼 ― 地方制度を軸にして ―